WEB広告

【新規顧客獲得】

WEB広告活用による油外商品(鈑金・タイヤ交換・カーコーティング 等)の

 新規顧客獲得に向けた取り組み

 

1.導入目的

WEB広告(GoogleおよびYahooへの検索広告)活用による新たな顧客の開拓・獲得

例:鈑金の看板を掲げたり、チラシを配布したりしても中々集客に結び付かない、

  FC本部(FC参加の場合)からの集客が弱い 等

 

 

2.背景

(1)競争の激化

・競合他社が多くなり、差別化が難しくなった。

FC本部(FC参加の場合)側がCM等を行わなくなり、認知度が減り、集客に

 結び付きにくい状況にある。

・同地域内に複数加盟店があるため加盟エリア内で自社内競合が起きているケースがある

・従前は油外サービス拡販に向けたチラシ等の配布により、来店が見込めたが、昨今は

 難しい状況となっている。

・スマートフォンの普及により、検索エンジンからサービス・店舗を探すユーザーが

 増加してきている。

 

(2)WEB広告(例:Google広告、Yahoo広告の活用)のケース

①油外商品(鈑金・タイヤ交換・カーコーティング etc)の専用の検索キーワードによる

 店舗サービスの認知に向けた取組み

例:「鈑金、東京」などの複数キーワード検索結果から広告の上位表示(HP掲載)をする

 

②油外商品ごとに集客専用WEBページ(HP)を作成

参考:https://bankin-shuri.com/fukuoka/

・既存の企業HP(企業概要や理念・事業概要)とは別にサービスのみをPRする

 WEBページを作成し、新規顧客誘致を図る。

SS業界の特約店の多くのホームページは、事業内容、組織、店舗情報など、

 会社の概要の掲載をしているものが多い。

 

③ホームページ作成料、広告設定費、広告費用などの費用を請求されるケースがある。

・ネット上に掲載することが目的となり多くの顧客を勧誘するため、結果として

 検索件数が多くなってしまう(利益相反を起こす)。

 

④半年~1年程度の契約期間の縛りがあることが多い。

 

(3)グーネットや楽天車検等(ポータルサイト)のケース

参考:https://www.goo-net.com/pit/

①サイト内に複数掲載企業が存在するため、ユーザーが当該企業をサイト内から

 探す必要がある。

(例)グーネット:掲載店舗数10,700店舗

楽天車検:掲載店舗数4,500店舗以上(20204月時点)

 

 

3.ReLIFE(リライフ)の概要 https://relife-m.com/

(1)企業情報

2019411設立

・運営会社:株式会社ReLIFE (代表取締役:水沼大昂)

・導入店舗数:44ケ所(202142日時点)

・47都道府県全てでサービスを提供

※店舗を中心に、車で30分以内の人口が40万人以上いることを推奨

 

(2)ReLIFEサービスの概要

①「地域名、板金」、「地域名、車、修理」等のキーワードを多数登録し、顧客の

 検索に対し、検索結果をより上位に表示する。

・サービスキーワード例:鈑金、タイヤ交換、カーコーティング、オイル交換

 

②集客専用のHPを無償で作成する(店舗・商品情報やアピール項目等を事前にヒアリング)

 

③専用の無料申込フォームが設置され、お客様からお問合せが入ると、

 店舗とお客様にメールが自動転送される。

 

④専用フリーダイヤル設置し、お客様からの着信後、店舗等の設定番号へ自動で

 転送される(電話内容が録音される)。

 

⑤利用料金

・初期登録費用、解約費用は不要

・集客用専用ホームページ、サーバーの運用管理費は5,000円/

・成功報酬(手数料&広告費)

 例:鈑金の場合⇒4,333円/1送客 (6項、利用料をご参照)

・フリーコール通話料は、実費

 

(3)ReLIFEが選ばれる理由

①サービス毎に特化し、新規顧客をより早く集客することが可能

 

②導入費用がかからず、固定費型ではなく、送客での成功報酬制度

 (年間契約等の期間縛りもない)

 

③成約率向上のための現場支援(通話品質向上等)も実施

 

④クロスセル商品(鈑金→車検等)へ誘致することも可能

 

(4)ReLIFEの強み

①新規集客開始まで最短2週間で実施可能

 

②エリアで 特化して支援するため、地域毎の競合状況を素早く察知し、

 対策が可能となる

 

③1エリア・1サービス・1クライアントで支援をするため、自社内競合することなく

 1社に集中して集客をすることが可能となる。

 

④問い合わせ管理をReLIFEと店舗の相互で行うため、店舗の対応漏れ防止に繋がる。

 

⑤フリーコールからの問合せを録音して、通話品質向上、 来店数アップを支援する。

 

⑥管理に必要なツール(顧客管理シートやトークスクリプト等)を無償提供し、

 成約数向上や単価向上のフォローアップを実施する。 

 

 

4.利用申込み手続きの流れ

(1)利用規約の同意と申込書

・サービス利用申し込み書の記入・捺印

 

(2)初期費用

・不要

 

(3)集客用HPの作成(広告専用ホームページはReLIFEで無償で作成)

・店舗情報、商品(サービス)情報、アピール項目等のヒアリングの実施

⇒サーバー管理、ホームページ修正・改善費用等:5,000円/

・既存のホームページは、本サービスとは関係なく現状のまま運用をする(並行運用)。

 

(4)3ヶ月単位での運用自動更新(ただし、初回のみ4ヶ月)

・解約の場合、費用は不要

 

 

5.サービス情報投稿後、集客までの流れ

・希望サービス(鈑金・コーティング ・タイヤ交換等)のWEBページ作成完了後

 運用を開始

 

(1)検索実施(SEMSearch Engine Marketing(検索エンジンマーケティング)

・手順に従い、募集原稿を作成し、掲載(募集の公開)をする。

・新規顧客が「地域名や鈑金」などのキーワード検索(複数のキーワード)をした際に、

 WEBページ(広告内容)を上位表示させる。

 

(2)HP閲覧

・検索後、表示されたWEBページを顧客が閲覧し、サービス内容を把握する。

 

(3)問い合わせ

・専用のフリーダイヤルを設置(本サービス用に設置するホームページ上に掲載)

WEBページ閲覧後、興味のあるユーザーがフリーコール(電話)から、

 もしくはフォーム(メール)から問い合わせを実施する。

※着信後自動メール転送機能、通話録音機能

 

(4)問い合わせ対応

・上記問い合わせを店舗で対応する。

※問い合わせ管理をReLIFEと店舗の相互で行い、現場フォローを実施する。

 

(5)入庫

・問い合わせ後、顧客が来店(見積り)し、入庫誘致を行う。

(例)鈑金の場合:問い合わせから入庫目標を33%で想定(直近実績の例

⇒送客数:31件、獲得数:11件 (獲得率35%))

 

 

6.利用料(シュミレーション例:鈑金の場合)

・成功報酬:4,333/送客(広告費用含む)×送客数(電話およびメール問い合わせ)

※送客数は「月・当月の間で同番号からのコール」「当月の同姓同名の方からのメール」

 を除きます。

・目標獲得率:33%(電話もしくはメールから)

※鈑金目標粗利を50,000/台平均として13,000(4,333円×3送客)のコストで

 1台獲得する商品設計

 

 

7.ReLIFE利用料金(成功報酬)の流れ

(1)事業者のReLIFE利用料金の発生時期

⇒問い合わせが(送客)があった時(電話、メール)に課金

 

 

(2)事業者のReLIFE利用料金の支払い

ReLIFEGoogleおよびYahooへの広告費立替をし、翌月に事業者へ成功報酬で請求

 

 

8.ReLIFEサービスの課題&競合

・集客サービス「車検」の運用はエリアによって限定される。

・競合サービスは、多数存在。ただし、ホームページ作成料、広告設定費、広告費用

 などの費用を請求されるケースが少なくない。

 

 

9.顧客目線(参考)

・出先やその場で、スマホからすぐに調べて問い合わせすることができる。

・当該企業(SS)でのサービス利用後、満足度が高ければ再度本サービスを

 利用していただくことが期待できる。