導入事例


定流量弁型節水器

「アクアクルー」

 

記事掲載:2019年11月21日付

油業報知新聞掲載

「絶大な節水・経費削減」

特別な水道工事不要、メンテナンスフリー

 

アクア・プラン(東京本社=港区高輪、北山喜一社長)は環境意識の高いSSから注目を集めている。

 

同社の定流量弁型節水器「アクアクルー」は金属製のサークルを水栓に取り付けるだけで、特別な水道工事が不要。しかも、エネルギー消費がゼロの上にメンテナンスフリーとなっており、水道料金が8~12%の削減効果が期待できる。

 

「いかにも減水したような使用感を与えるのでは」という質問には、「アクアクルーに開けられた二つの穴は、微妙な口径により水量をカットし、同時に流速を上げて従来と変わらない使用感を与える」と同社開発のたまものといえよう。

 

節水器の開発にあたっての課題は流速、消音、整流であり、この三条件のどれが欠けても不適格となり、幾多の設計・試作を通じて得た形がアクアクルーという製品。

 

同製品は実用新案と意匠登録を行い、また「節水保証書」も発行している。

 

環境保護活動では「エコアクションポイント」「グリーン購入ネットワーク」「環境保全型商品(エコマーク事務局認定)」への取組みを積極的に行っている。

 

導入の手順は、①前年度の上下水道料金のデータ調査 ②費用対効果の提示(概算) ③システム導入の確認(設置SSリストの確定)④設置工事開始 ⑤設置工事報告書提出――としている。

 

概算により節約効果を事前に確認できるのは、既に大手特約店の実績をもとにしたもので信用性も高い。

 

ただし、洗車機は一定の水量が必要なことと、機械の構造上の問題から、アクアクルーの対象にはならない。

 

石油業界においては、ラウンドヒル(東京本社=練馬区栄町、丸岡賛行社長)が、2018年から同製品の普及に向けた活動を展開している。

 

既に一部の大手特約店において、半年間の実証実験を行った結果、アクアクルーの設置効果(10%~15%の水道料金の削減)ありと判断され、直営全SSにおいて切替えを実施している。

 

2019年度以降は、前述の実験結果を踏まえて、積極的にその他の特約店にもアクアクルーの紹介を行っており、徐々に導入SSも増加をしている。

 

昨年の実証実験の過程でわかった注意点は、①井戸水利用のSSは水道料金の削減には繋がらないが、環境保全の観点から節水は有意義であること ②シャワールーム(トラックステーションなど大型SS)は特に大きな節水効果があること ③SS以外の事業業態(飲食店等)にも水平展開すること――で、企業の経常利益増大に寄与できるという。

 

たとえ10%程度でも切り替え効果は大きい。

 

問い合わせ=アクア・プラン0120―034―903担当大塚まで

 



ETCコーポレートカード

北関東のENEOS系特約店支店長様

 とのETCコーポレートカードの

 社内展開に関する面談

(2019年8月7日)

 ETCコーポレートカードは、他社との差別化のために利用させてもらっている。

 

 ガソリンにしてもSSで取り扱っている商品は、どれもほぼ同じ。仮に給油カードを発行したとしても、お客様が自社のカードを未来永劫使って貰える、という保証はない。価格や接客等によっては、知らないうちに他社(SS)に切り替わってしまうことは十分あり得る。

 

 そうならないようにするためには、お客様に対して、常日頃から「お役立ち情報」を提供し続けることが大事(コミュニケーションの継続)。

(=営業担当者に「お役立ち情報」を持たせること)。

 

 本業は、あくまでも燃料(SS)で、ETCコーポレートカードは、どんなに頑張っても本業にはならないが、今後も続くことが想定されているSSの減少の中で、「お役立ち情報」として常に発信することで、お客様から自社を選択していただけるようにすることが重要である。

 

 「補足説明」

 同社では、取引実績や日常会話の中から、お客様が所有する車両台数、業務内容等を情報として収集し、ETCコーポレートカードへの切り替え効果のあるお客様を抽出し、個別訪問のうえ、ご紹介(ご提案)をしている。

 

 結果として、採用率も高く、お客様に喜んでいただいている。

 



②記事掲載:2020年1月24日付

油業報知新聞掲載

 

 


我妻専務に「ETCコーポレートカード」

について聞く

 最大で40%まで割引

 

株式会社国際商事(東京都中央区日本橋)はNEXCO三社(東・中・西日本)が直接発行する法人事業者向けの大口割引カード「ETCコーポレートカード」の申込みやカード発行の窓口として事務業務を請け負っている。同社の我妻慶里専務執行役員から話題の「ETCコーポレートカード」について話を聞いた。

 

――どうして石油業界へ「ETCコーポレートカード」導入を促進していこうと思ったのですか。

 「石油業界は業務で車の利用が多いにも関わらず『ETCコーポレートカード』の普及があまり進んでいませんでした。」

 

――兵庫県石商、三重県石商、埼玉県石商と業務提携していることから実感としているということですね。

 「はい。導入するメリットはとても大きいのですが、まだまだ営業が足らないのか、ご存じない会社が多いですね。」

 

――「クレジット系ETCカード」と「ETCコーポレートカード」の違いを

教えて下さい。

 「割引率の違いですね。クレジット系ETCカードがマイレージ最大9.1%縮小に対して、ETCコーポレートカードでは大口・多頻度利用割引で最大

40%まで割引されます。」

 

――デメリットはありますか。

 「『ETCコーポレートカード』は登録車両のみ(カードに使用する車両の車番を表記するので、使い回しができない)の利用、法人(自社)・事業主名義の車両といった指定があり、レンタカーや代車など登録車両以外の利用ができません。」

 

――導入した会社の反応はいかがでしょうか。

 「カードごとに利用明細書が発行されるため、どの車(誰)が、いつ、どの高速道路を利用して、いくら使ったのかが分かり、従業員の業務管理にも活用できますし、同様に車両の運行管理も明確になり、高速料金の削減は勿論ですが、利用料金の精算業務の時間短縮にもなっているようです。大手販社様は勿論の事、多くの特約店様がこの制度を利用し自社の車両経費のコストダウンを図られています。

又、一部の特約店様においては、SSに来店されるお客様、特に法人事業者様向けに「お役立ち情報」として、この割引制度をお知らせすることで、お客様との関係強化に繋げていただいています。日常の営業活動の延長で本カードをご紹介し、お客様のコスト削減に貢献することで、お客様にも喜んでいただけます。自社のコストダウンは勿論ですが、お客様サービスの材料としてこの制度をお知らせするという利用価値は非常に大きいと思います。」

 

――国際商事へのコンサルタント料はいくらになりますか。

 「契約料・削減診断料・コスト削減の成功報酬は頂いておりません。」

 

――導入費用はいくら掛かりますか。

 「出資金1,000円(脱会時返金)、カード発行手数料一枚629円(税込)/年度ごと、ETC割引後利用額の5%(管理手数料)カード申請管理、利用明細/請求費用として手数料が掛かります。」

 

――支払いはいつになりますか。

 「月末締めで翌月20日頃に請求書を送付し、翌々月1日~5日に指定した銀行口座より引き落としとなります。」

 

問い合わせ=株式会社国際商事(東京都中央区日本橋人形町2丁目14―9

三星ビル2階、03―5623―9167、info@etc-kumiai.com、我妻慶里専務執行役員)

 

 なお、石油業界においては、ラウンドヒル株式会社(東京本社=練馬区栄町、丸岡賛行社長)が、サービスの普及に向け尽力している。